三原舞依が初出場初優勝 初の200点超えに「キャー!」4大陸選手権 浅田真央を超えた得点に驚く!

👀スポーツ

三原舞依が初出場初優勝 初の200点超えに「キャー!」4大陸選手権 浅田真央を超えた得点に驚く!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

1万人に一人という難病「若年性特発性関節痛」と闘って手に入れたシンデレラの座 「おめでとうございます★」\(^o^)/

驚きの快挙でしたね、

18日韓国で開催されたフィギュアスケート4大陸選手権で
三原舞依さんが劇的な逆転初優勝を果たしました。

ショートプログラム(SP)4位スタート(17=神戸ポートアイランドク)ながらも、フリー134・34点の合計200・85点の高得点を出したのです。

本人が一番ビックリしたようでしたが、

本当に嬉しそうでしたね まだあどけなさの残る17歳の三原舞依さん
シンデレラを演じ本当にシンデレラになってしまったようでした 。

ノーミスで終え、初の200点超えを確認すると「キャー!」と絶叫。
「自分が1位になったというのが、信じられない。夢のよう」と、キッラキラに瞳を輝かせて喜びを爆発!
冒頭のルッツ-トーループの連続3回転ジャンプを成功させ、
そこからは「シンデレラ」に乗って完璧な演技を披露。

浅田真央 四大陸選手権2008・女子シングルで初優勝

【2月16日 AFP】フィギュアスケート四大陸選手権2008(ISU Four Continents Figure Skating Championships 2008)、女子シングル・フリースケーティング(FS)。日本の浅田真央(Mao Asada)は132.31点を記録し、合計193.25点を記録し大会初出場を優勝で飾った。

 14日に行われたショートプログラム(SP)で2位の安藤美姫(Miki Ando、日本)と僅か0.87点差の60.94点を記録して首位に立っていた浅田は、FSでトリプルアクセルと7度のジャンプを成功させ優勝を決めた。

1

関連記事

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

月別アーカイブ

★美容,健康,ダイエット,最速,コンプレックス,情報