【メガネ速報】ペイトリオッツ、スーパーボウル制覇!史上最大の大逆転劇

👀スポーツ

【メガネ速報】ペイトリオッツ、スーパーボウル制覇!史上最大の大逆転劇
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

 試合が終わるとブレイディーは長年にわたって苦楽をともにした名将ビル・ベリチック監督(64歳)と抱き合ってお互いを祝福。これまでの最大逆転は2013年のブロンコス戦で記録した24点だったが、スーパーボウルという大舞台でその“壁”を打ち砕いた。

25点差を逆転して2年ぶり5度目の優勝を飾った
ペイトリオッツのQBブレイディー(AP)

自身5回目の優勝と4回目のMVPを受賞したQBトム・ブレイディー
(39歳)は62回のパスを投げて43回を成功させて466ヤード(この3つは史上最多)と2TDを獲得。

ライアン同様5度のサックを浴びてインターセプトも1回喫したが、後半は若手をぐいぐいと引っ張った。

 第51回NFLスーパーボウルが5日にテキサス州ヒューストンで行われ、
ペイトリオッツ(AFC)が延長の末にファルコンズを
34―28(前半3―21、延長6―0)で下して2年ぶり5度目の優勝。

第3Q序盤で3―28と一方的にリードされながら、
ここから連続31点を挙げて逆転勝利を収めた。

 スーパーボウルでの延長はこれが初めてで、25点差の逆転は史上最大。

第4Qで決めた2度の2点コンバージョン、
ファルコンズの選手がはたいたボールが手と足にさえぎられてフィールドにダウンせず、
それを落下1センチ前に拾ったWRジュリアン・エデルマン(30歳)の史上に残る
「ザ・キャッチ」、さらにファルコンズのQBマット・ライアン(31歳)を5度サックしてFG圏内から遠ざけた守備陣の踏ん張りなど、
後半は「奇跡」のオンパレード。

最初の攻撃権を握った延長ではRBジェーム・ホワイト(25歳)が残り2ヤードを突破してエンドゾーンに飛び込み、激闘にピリオドを打った。

女性を楽しませる技術の集大成【ZONE TALK-ゾーン トーク-】女性はずっとあなたと一緒にいたくなります

1

関連記事

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

月別アーカイブ

★美容,健康,ダイエット,最速,コンプレックス,情報